コンテンツ

ファクタリングについて

ファクタリングとは、企業が持っている売掛金を売却することで資金調達をする方法です。
事業資金や運転資金、お急ぎの資金調達の手段として近年注目されています。 ここではファクタリングについて売掛債権やファクタリング契約の種類など、さらに詳しくご説明していきます。

売掛債権・売掛金とは

売掛債権とは、売買取引などで商品やサービスを提供した際にその売却代金を請求できる権利のことをいいますが、ファクタリングで資金調達を行うにはこの回収の売掛債権があることが前提となります。

企業間の取引においては、商品やサービスの納品・提供と同時に即座に現金と交換されることはまずありません。一般的には1カ月~1年後に現金の支払いが行われる掛取引が行われ、この時に支払いを受け取る権利を「売掛債権」といい、その代金のことを「売掛金」といいます。

ファクタリングとは

会社では仕入代金や営業費用、従業員の給与、税金の支払いなど常に資金が必要です。ところが売掛金が現金化されるまで長いと1年先になることもあり、事業資金に余裕がないと資金繰りが苦しく、最悪のパターンでは倒産の危機に陥りかねません。

そこで現金調達のため銀行に融資を申し込んだが資金繰りが悪いので断られてしまった、また社長の個人資産を切り崩し一時的に窮地は脱したもののこの先はどうすることもできない、このようなお困りの状況でご利用いただきたいのがファクタリングです。ファクタリングとは未回収の売掛金をファクタリング提供会社に買い取ってもらい、売掛金の入金日前に資金調達をする手段です。 売掛金を資金化するには若干の手数料がかかってしまいますが、本来であれば数カ月も先でないと入金されない売掛金が数日で資金化できというメリットがあります。 早いと即日で資金化できるケースもあります。

さらにファクタリングは負債を増やす資金調達手段ではなく、売掛債権を元に現金を調達する方法なので信用情報にキズのある方でもご利用が可能です。売掛金を元にした安心で安全な資金調達方法であると経済産業省からも推奨されています。

ファクタリングをご利用される例

特に次のようなご状況の方にファクタリングの利用がおすすめです。

  • 取引先の入金サイクルが合わない
    …取引先への売掛金入金日前に資金の調達が可能です。
  • 資金が一時的に不足している
    …最短で即日の資金調達可能なケースもあり対応できます。
  • 事業を大きくするためまとまった資金がいる
    …事業拡大の目的にも資金調達は可能です。
  • 銀行の融資やローンの審査を通過できない
    …ファクタリングでは売掛先の信用力に重きを置き、金融機関の審査基準とは異なります。
  • 追加融資をしてもらえない
    …金融機関で追加融資が受けられなかった場合でもご利用いただけます。
  • 担保や連帯保証人がいない
    …未回収の売掛金があれば担保や保証人は必要ありません。
  • 滞納している税金があり信用情報が不安だ
    …未回収の売掛金があれば税金の滞納があっても資金調達は可能です。

ファクタリング契約の種類

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、ファクタリング利用会社、売掛先(クライアント)、ファクタリング提供会社の3者がかかわりますが、売掛先の同意を得ないで行われます。具体的なファクタリングの流れは次のようになります。

① ファクタリング利用会社から売掛先へ商品やサービスを提供し、代金を請求する。
② 売掛先の同意を得ずに、資金を調達するためファクタリング利用会社からファクタリング提供会社へ売掛債権を売却する。
③ ファクタリング提供会社からファクタリング利用会社へ買取金額が支払われる。
④ 請求書の支払期日に売掛先からファクタリング利用会社に売掛金の支払いが行われる。
⑤ ファクタリング利用会社からファクタリング提供会社に売掛金額がそのまま支払われる。

このように2社間ファクタリングは取引企業に売掛債権を譲渡したことを知られず行うことができ、ファクタリング利用会社は信用不安を招く事態を避けられます。しかしファクタリング利用会社は支払われた売掛金を使い込んでしまうことができたり、支払われた売掛金をファクタリング提供会社に支払う前に倒産してしまう可能性があったりと、ファクタリング提供会社にとっては売掛金を回収し損ねてしまうリスクが高まります。そのため2社間ファクタリングの手数料は、3社間ファクタリングの手数料よりも割高になっています。

2社間ファクタリングの特徴は次のようになります。

  • 取引先企業の同意を得ずにできる
  • 最短即日の資金調達も可能

銀行融資との違い

資金調達というと金融機関の融資を思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、ファクタリングと銀行融資には大きな違いがあります。

①資金調達のスピード

ファクタリングは銀行融資よりも資金調達が早いです。その理由は銀行融資ではさまざまな書類を審査のために提出しなければならず、本人確認書類や事業関連書類、収入証明書類、また場合によっては確定申告書や課税証明書などが2期分以上提出しなければならないこともあり、まず融資を受ける側の準備に時間がかかります。 さらに審査では融資担当者がこれらの書類を確認し融資の可否や融資する額を決めるため時間がかかります。ところがファクタリングは売掛先企業や売掛債権書類の審査を行い、長くても1週間程で資金調達が可能です。さらに最短翌日で資金調達が可能なケースもあります。

②審査基準

ファクタリングは銀行融資よりも審査が通りやすいです。というのは銀行融資では融資を受ける本人の経済力や信用力が重視され、個人の資産や過去の決算書、今期の試算表、さらに支払いの遅延や滞納がないか、既に他の金融機関への借入がないかなど厳しく審査されます。

これに対してファクタリングは審査の対象が本人ではなく売掛先企業になります。 売掛先企業の信用力やまた売掛債権の種類に重きが置かれるので、金融機関での融資を断られた方でもご利用が可能です。

③ 信用情報

ファクタリングは信用情報の照会を行いません。銀行の融資では審査の過程で信用情報が調べられるので、借入が複数の会社からあったり返済が滞っている、また税金の滞納があったりすると審査が通りにくくなります。

ところがファクタリングでは信用情報の照会を行いません。 というのはファクタリングは売掛金をいう資金の譲渡契約なので、融資と根本的に違うためです。 よってファクタリングであれば信用情報に不安がある方でも資金調達の道があります。

④ 手数料

ファクタリングの手数料は銀行融資の手数料よりも高いイメージがあります。これはファクタリングと銀行融資の手数料の種類が違うためですので、一概には比較できるものではありません。 銀行融資の手数料は金利になります。 株式会社三鉱のファクタリングは、手数料が5%~と業界TOPクラスの手数料になっております。

無料診断・ご相談はお気軽にお問合せください
  • 電話番号:03-3363-8600 お急ぎの方は、今すぐこちらへお電話ください
  • 無料資金調達可能診断
  • お問合せ・申し込み